サザンカの色鉛筆箱

sazannkacp.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

春の匂い

f0359306_13253136.jpg

「香」     ロットリング・コンテ  1992 

先週の雨の降っていた早朝
目が覚めると部屋の中に春の匂いがしていました。
雨の静かな音と 肌のぬくもりのような空気。
小さい頃から繰り返し感じてきた春の匂い。
時間がゆったり流れ始めています。

このペン画を描いていたころは
ものの形に惹かれていて
一本の線でほとんど下描きもなく
直接どんどん紙に描いて勢いよく仕上がりました。
この時代のペン画を 昨年色鉛筆で起こしました。

年末から大きなサイズの絵を描きだしたのですが
初めての大きなペン画。
無事仕上げられるか真っさらな紙がすこしストレスに・・。
でも描き進めるうちに
大きな画面がきっかけで 
それまでの絵から一歩前に進むことができました。
大きなサイズを勧めてくれたギャラリーのオーナーさんに感謝!です。

その後 抽象に以前より深く入っての 
極細密のペン画の三作目を今描いているところ。
すっかり極細密の世界に入りこんでいるこの頃です。
風景描写は飽きたので 空想の世界のほうが良いと思う・・
・・と言った家族の言葉から描き始めたのがきっかけでした。
人の言葉は大きいです。




にほんブログ村 美術ブログ 色鉛筆画へ
にほんブログ村

[PR]
by sazannkatree | 2015-02-23 22:31 | ペン画

石の上にも三十年

f0359306_18061738.jpg

たかさき絵本フェスティバルに出かけて来ました。
広い会場内での 新しい作家さんがメインの展覧会です。
とても元気のある展示でした。


f0359306_18065889.jpg

入ってすぐの部屋いっぱいには ミロコマチコさんの
「オオカミがとぶひ」の原画や 立体の大きな動物、
そして部屋いっぱいに広げられていたクジラ絵の青が
とてもきれいでした。
ミロコさんの原画は ケントボードに勢いよく描かれたアクリル画。
絵本の絵を見ると さらに動きや迫力が大きく感じられました。

f0359306_18073630.jpg

奥の部屋では 「きょうはマラカスのひ」の
朗読が子供たちを前に行われていました。
原画の枚数が多いですね。
銅版画家の方だそうで 繊細な細い線のかわいいキャラクターが
くねくね順番に踊ったり 途中食事で休憩したり
最後までとても不思議なリズムが続きます。
絵本完成までなんと八年かかったそうです。

f0359306_18080166.jpg

「きょうはマラカスのひ」と部屋を二分して展示されていました。
最初原画を拝見して 横線の縞の白い紙・・紙の白い筋が絵の中に残っている・・
木炭紙で描かれたんだなあ・・と。
その白く残った紙の線が絵の中できれいに見えるんです。
色は黄色のインクや習字の朱色、 
あとは木炭のぼんやり・・そしてキッとした濃い黒。
物語は途中から不思議な世界が紛れ込むのですが
その構図や描写に 背中がざわっとしました。
何冊も何冊も作られたダミー本、
一枚の原画を決めるためのたくさんの違う構図の絵が飾られ
完成まで四年かかったそうです。

先日 日頃お世話になっているご近所の人の親戚で 
彫刻家の人がテレビで放送されていました。
長年イタリアに住み 紀元前に彫られた洞窟のアトリエで
制作されている様子が映っていました。 
その方の一言・・
「石の上に三年と言いますが 石の上に三十年ですね」

もっと努力しないと、・・と 励まされるこの頃です。



にほんブログ村 美術ブログ 色鉛筆画へ
にほんブログ村

[PR]
by sazannkatree | 2015-02-10 22:36 | 日々のこと